2022年度 「東海支部 鋳造技術講演会」のご案内

2022年7月吉日

(公社) 日本鋳造工学会 会員各位

(公社) 日本鋳造工学会東海支部
支部長 前田 安郭
企画委員長 白川 博一

2022年度 「東海支部 鋳造技術講演会」のご案内

拝啓 大暑の候、会員各位におかれましてはご清祥にお過ごしのことと拝察いたします。
 東海支部では本部「第3期中長期ビジョン」に掲げられている「日本での“モノづくり”、“人づくり”に貢献し、鋳造業界を元気にする」という思いを受け、鋳造業界が取り組んでいるテーマを「3つのシンカ(深化・新化・進化)」+「親化」による仲間づくりの推進 という「支部活動方針」(右図)を作成、現在行っている鋳造講座や部会活動(研究部会、YFE懇話会)、若手人材育成などの活動を体系的に表現、会員がニーズに合わせて参加できる環境づくりを進めています。
 今回、企画委員会では、日本の鋳造の付加価値向上させる資源循環システムの企画として「廃材活用」をテーマに、技術講演会を開催する運びとなりました。また、本企画の最後には「廃材活用アイデア」をテーマに参加者との意見交換も企画しています。
 本講演会は全国の会員を対象に開催いたします。会員の皆様、ご多忙の中とは存じますが、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。
 なお、新型コロナ感染症の感染リスク回避の観点からハイブリット形式での開催としています。本講演会は事前申込制ですので、早めのお申し込みをお願いします。

敬具

開催日時: 2022年 10月 28日 (金)  13:00~17:00
開催方式: ハイブリット形式 (リアル or リモートのどちらを選択、お申し込みください)
開催場所: シャインズ5F プラザA,B,C
      愛知県刈谷市東陽町2丁目18番地 TEL:0566-24-3348
参加応募人数: <リアル>(会場)     24名(先着順、定員に達し次第、リモートを案内)
        <リモート>(zoomウェビナー) 106名(先着順)
参加料(消費税込)
   ・(公社)日本鋳造工学会 個人会員,維持会員 5,000円/人
   ・(公社)日本鋳造工学会 学生会員 無料
   ・非会員 22,000円/人

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により会議形式は変更になる可能性があります。
 また鋳造技術講演会に引き続き、同日夕刻に会員交流会の開催を計画していますが、
 会員交流会の開催可否についても9 月末までに判断を致します。
 なお、開催決定後の参加案内は東海支部ホームページ及び会員向けメールでご案内致します。

詳細は以下ご案内(PDF)をご参照ください。
「東海支部 鋳造技術講演会(20221028)」のご案内【4版_20220810】

【申込方法】申込は2022年10月3日(月)までにお願い致します。

<リモート(Web)参加申込>
 Web参加を希望する場合は、zoom ウェビナー登録ページよりお申し込みください。

 →<リモート参加>登録フォーム はこちら(クリックしてください)


<リアル(会場)参加申込>

 現地参加を希望する場合は、以下申込フォームよりお申し込みください。
 なお、申し込みは先着順とさせていただき、定員(24名)に達した場合は、
 リモート参加に変更となりますので、あらかじめご了承ください。

 









    参加者
    氏名 部署 役職 会員区分(参加料)